◆カンボジア現代史。1953年〜1975年までの動乱の時代(4)

NO IMAGE

カンボジア現代史
 1953年〜1975年までの動乱の時代(1)
 1953年〜1975年までの動乱の時代(2)
 1953年〜1975年までの動乱の時代(3)
 1953年〜1975年までの動乱の時代(4)

カンボジアの「顔」であったシアヌークがクーデターによって打倒されたニュースは、驚きを持って迎えられ世界中の新聞で一面トップを飾った。そして、ロン・ノル=シリク・マタク政権が注目を浴びることになる。

しかし、このアメリカの傀儡政権であったロン・ノル=シリク・マタクのクメール共和国は、発足当時からまったく国民に支持されなかった政権であった。

一部では腐敗した王族政府がなくなったことに対して、歓迎の意を示す国民もいた。

しかし、シアヌーク一族よりもロン・ノル政権の方が汚職にまみれていることが明らかになると、そういう人たちでさえ支持を取り下げざるを得なかった。

もともとロン・ノルやシリク・マタクが腐敗しているというのは、シアヌーク政権時代から知られていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事