◆レイハネ・ジャバリ。絞首刑にされた彼女の最後の願いとは

NO IMAGE

2014年10月25日、イランでひとりの女性の絞首刑が執行された。「レイハネ・ジャバリ」という26歳の女性だ。

彼女は2007年、19歳の頃にひとりの男にレイプされそうになった。相手はイラン元情報省職員のモルテザ・アブドラリ・サルバンディという男だった。

現場の状況がどのようなものだったのか、彼女の言い分とイランの裁判所の言い分が違っている。

彼女は襲われている最中に正当防衛で男をナイフで刺したと言った。裁判所は、彼女が2日後にナイフを買って計画的に男を殺したとの見解を支持した。

どのみち、イランでは「男を殺すような女」は、その理由が何であっても許されることはない。正しい裁判、正しい客観的事実の前に、「男を殺した」という事実のみで女性の運命は決まっている。

レイハネ・ジャバリは2009年、計画殺人の罪で有罪判決を受けた。死刑だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事