◆鼻、唇、乳首、ヘソ、性器。ピアスはどこまで許せるか?

NO IMAGE

昔からあるとてもスタンダードな人体装飾なのに、好き嫌いがとてもはっきり分かれるのが「ピアス」である。しかし、それでも、耳たぶのピアスに関しては、眉をひそめる人はほとんどいない。

耳たぶのピアスは、ごく普通の女性が普通にしているものだからである。

しかし、これが鼻ピアスとなると、もう賛否両論となる。インド圏では左の小鼻に小さなゴールドのピアスを子供の頃からするのが当たり前で、大人の女性になると、それはゴージャスなピアスを結婚式やイベントで付ける女性が多い。

鼻ピアスはインド圏では、文化的な慣習であり、もう好きとか嫌いの次元を超えている。それは、文化的な常識になっているのである。

しかし、日本も含めて他国では鼻ピアスは一般的ではないので、「やりすぎだ」と反発を覚える人は多い。これが唇ピアス、舌ピアス、乳首、ヘソ、性器となっていくと、拒絶反応を示す人がどんどん増える。あなたは、どこまで許せるだろうか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事