◆美しい赤毛だが、欧米では偏見と差別といじめの対象だった

NO IMAGE

欧米には自毛が赤毛の女性がいる。本当に真っ赤な髪をした女性も中にはいる。

黒が基本となっているアジア人にはそれが神秘的に見えるのだが、欧米ではそれは神秘ではない。赤毛の女性はすぐに髪を濃くするか逆にブロンドにするか、とにかく「赤でない色」に染める人が多いと聞く。

「赤毛は良くない」

これは、白人種の国のほとんどに共通した考え方であると言われている。実は、赤毛は嫌われている。

現代は「赤毛も美しい」「赤毛も個性だ」という啓蒙や見直しが何度も行われている。オランダでは、赤毛の人たちが集まるイベントも行われている。(オランダ・ブレダの街に、世界中から赤毛の人が集まるイベント

それでも保守的な人たちにとって、赤毛は「良くない」と思われており、偏見はなかなか抜けない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事