◆浮気を疑われ、鼻と耳と舌を削がれ、眼球を潰された女性

◆浮気を疑われ、鼻と耳と舌を削がれ、眼球を潰された女性

閲覧注意
パキスタンの「名誉殺人」が近年になってさらに増えていることをHRCP(ヒューマンライツ・コミッション・オブ・パキスタン)が報告している。

2013年は869例、2014年はとうとう桁がひとつ上がって1005名となったという。2014年は前年よりも15%近くも「名誉殺人」が増えていたのだ。

問題なのはこの数字が実態を示しておらず、「確認されたもの」だけで計算されていることだ。

パキスタンの啓発団体である「アウラ・ファンディケーション」では3000人以上であると見積もっている。

名誉殺人の多くはパキスタンの閉鎖的な村の中で行われるので、ほとんど表に上がってこない。つまり、出てくる数字は氷山の一角であると言われている。

2015年に入っても、もちろんそれは止まっておらず、名誉殺人の被害者は続々と出てきている。しかも、それは凄惨なものが多い。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事