◆ギャング一味の16歳の少女を焼き殺すのがグアテマラの正義

NO IMAGE

閲覧注意
中米グアテマラが「モブ・ジャスティス」の国であることは以前にも紹介した。(暴力が満ち溢れる世界で、復讐は正しいのか、赦しなのか?

モブ・ジャスティスとは「群衆(モブ)が犯罪者を集団で処刑すること(ジャスティス)」なのだが、法が機能していない国で、モブ・ジャスティスは非常に重要な役割を果たしている。

中南米各国、アフリカ、中東、インド圏、モブ・ジャスティスはとても広範囲で行われている「民衆による処刑」である。私たち先進国の人間がその良し悪しを判断する以前に、それは彼らの社会の中に組み込まれている。

その中で、グアテマラの「モブ・ジャスティス」は残虐な処刑で固定化されたのを知っている人はあまりいない。

実はグアテマラでは当たり前に行われていたのだが、2015年6月に、16歳の少女を群衆が焼き殺す「動画」が出回って、全世界がそれに衝撃を受け、やっとグアテマラの「異常性」がクローズアップされることになった。

生きたまま16歳の少女を焼き殺す。それも苦しむようにわざとガソリンを少量にして焼き殺す。

信じがたい残虐な動画だが、実は「犯罪を犯した女性を生きたまま焼き殺す」というのはグアテマラでは「よくあるモブ・ジャスティス」と化していたのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事