◆セックス動画が本名で流出、最後に自殺したイタリア女性

NO IMAGE

インターネットに流出して話題になった動画は、決して削除することはできないと言われている。

なぜなら、大元が削除されてもそのコピーが他人の手元に残っていると、その他人からまた流出する可能性があるからだ。しかも、インターネットは全世界が相手だからアンダーグラウンドに流れると、もう絶対に消すことができない。

ティツィアナ・カントーネはそれで自殺した。

彼女はイタリアに住む30歳の女性だったが、前のボーイフレンドが忘れられなかった。新しいボーイフレンドができたにもかかわらず、まだ前のボーイフレンドに未練があった。

そこでティツィアナはどうしたのか。彼女は新しいボーイフレンドをブロージョブ(フェラチオ)している動画を、前のボーイフレンドに送って嫉妬させようと考えた。

彼女はボーイフレンドだけではなく、そのボーイフレンドの知り合いにもその動画を送りつけた。それが彼女の人生を崩壊させる致命傷となった。

その動画は彼女に送りつけた誰かがインターネットにアップした。悪いことに、フェラチオをしているのは「ティツィアナ・カントーネである」と名指しで流出した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事