◆いよいよアジア大洪水被害の季節(モンスーン)に突入した

NO IMAGE

2009年、2010年はパキスタンで国土の三分の一が水浸しになるほどの大洪水となった。2011年は工業製品の製造拠点であるタイが水没するほどの大洪水となって世界が震撼した。

今年2012年もいよいよ7月に入り、東南アジア・南アジアは雨期(モンスーン)の季節に突入した。

ここ数年来、アジアの巨大洪水被害は深刻化するばかりだが、今年はどうなのだろうか。

もし、異常気象が例年のように続いているというのであれば、今年もまた「最悪の自然災害」が起きるという予測は成り立つ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事