◆シェルリン・チョプラ。インド女性が雑誌でヌードになる日

NO IMAGE

インドは非常に保守的な国だ。しかし、その保守性は、まるで音を立てるようにして崩壊しようとしている。

ボリウッド映画は毎年毎年、セクシー描写がエスカレートしているし、インターネットが怒濤の勢いで入り込んだために若者たちが気が狂ったようにポルノを見つめている。

また、若い女性たちも負けていない。

手に入れたスマートフォンで撮ったセクシーな「自分撮り」の写真を恋人に上げたり、インターネットに匿名でアップしたりしている。(インド女性のセクシーな「自分撮り」がもたらすものとは?

なし崩しに欧米式の「自由」が浸透して、インド社会を変えているのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事