◆アメリカ経済は順調だが、アメリカ国民は順調ではない理由

NO IMAGE

アメリカが超格差社会になっており、貧困が凄まじい勢いで拡大しているのは2011年9月から、ニューヨークで自然発生的に始まった「ウォール街を占拠せよ」運動を見ても分かる。

この格差はグローバル社会が加速するごとにひどくなっており、今も格差の流れは止まっていない。グローバル社会は、持つ者と持たざる者をどんどん分離させる社会なのである。

持つ者は資産が膨張して、黙っていても金持ちになる。持たざる者は賃金を削られ、仕事を途上国の労働者に取られてどんどん貧しくなっていく。

そして、2013年7月18日に象徴的な事件が起きた。ミシガン州デトロイト市が負債1兆8000億円を超えて、破産申請をしたことである。

デトロイトが追い込まれているのは、すでにブラックアジアでも取り上げた。(デトロイト荒廃は、グローバル経済を受け入れた先進国の未来

こうなるのは、予測された未来だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事