◆これから何度でも残虐非道なレイプ犯罪がインドで発生する

NO IMAGE

インドで再び凄惨なレイプ事件が起きており、国際記事になっている。

2013年10月22日の夜、インド北部のウッタールプラデシュ州で、わずか13歳の少女が3人の男にレイプされ、そのあとに生きたまま火を付けて放置したという事件である。

この13歳の少女は、身体の80%が焼けただれてしまい、病院で死亡した。犯人はまだ逮捕されていない。

インドでは2012年のバス内レイプの事件があってから、レイプ犯に対しては締め付けが非常に厳しくなっている。(年間2万2000件ものレイプ事件が起きているインドの惨状

この事件では首謀格の男は刑務所内で謎の首つり自殺で死亡し、残りの男は2013年9月13日に死亡判決が出て決着が付いた。しかし、この事件以降も、続々とレイプが続いている。

インドは、あまり外国人に知られていないが、れっきとしたレイプ大国なのである。それも目を覆いたくなるような、残虐なレイプが多い。女性に対する暴力がまったく止まらない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net