◆暴力国家の人間はなぜ誰もが享楽的で早熟で魅力的なのか

NO IMAGE

日本は世界でも稀に見る治安の良い国で、コンビニに強盗が入っただけで新聞のニュースになる。あるいは、ヤジが飛んだかどうかくらいで、いい年をした大人が今後の対応をどうするのか協議する。

これは平和な国である証拠でもある。

世界を見回すと、国民のためにならない馬鹿な政治家が暗殺されたり、銃撃されるのが普通で、アメリカでも国会議員が何人も銃撃されている。

ケネディ元大統領も脳漿を吹き飛ばして死んでいるし、レーガン大統領も暗殺未遂に遭った。

国民が銃を持ち、ギャングやマフィアが互いに殺し合いをするような国では、政治から一般市民まで、恒常的に暴力にさらされるのが普通だ。

現在、戦争でもないのに、世界で最も殺人と暴力が蔓延しているのは南米大陸である。メキシコ、ホンジュラス、チリ、ブラジル。下手にうろうろしていると、何に巻き込まれるのか分からない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net