◆これが乾癬にかかって10年間苦しんだ「美しい」少女の身体

NO IMAGE

ジョルジア・ラヌーザが13歳の頃、彼女の父が急死した。

彼女は激しい悲しみに包まれ、そのストレスが全身を覆っていった。そのあと、ジョルジアは身体に異変を感じた。急に皮膚がかゆくなったという。

彼女の皮膚は斑(まだら)になり、赤みを帯びて膨れあがった。掻きむしると皮膚が傷つき、どんどん悪化した。ストレスがかかると、さらにひどくなっていった。

診察の結果、それは「乾癬(かんせん)」と呼ばれる皮膚病であることが分かった。乾癬は、アレルギー性の皮膚病であると言われている。

なぜ乾癬が起きるのか、原因は明らかではなかったのだが、一種の免疫異常ではないかと言われている。アレルギー反応で、自分の身体が自分で自分を攻撃しているのである。

皮膚の弱い白人にかかりやすい皮膚病であると言われている。10代の彼女は呆然として、為す術がなかった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net