◆モロッコ。強烈な美貌を持った女たちが潜む国とその裏側

NO IMAGE

イタリアを騒がせた外国人女性と言えば、誰もが思い出すのは首相シルビオ・ベルルスコーニの売春相手として名を馳せたモロッコ人のルビーことカリマ・ケエックだろう。

ベルルスコーニ首相と関係していたとき、ルビーは17歳の未成年であった。イタリアでは未成年との淫行は問答無用に逮捕・収監だ。

そのためにベルルスコーニは必死になって関係を否定し、最初はベルルスコーニと関係していたと無邪気に言っていたルビーも、一転して「カレとは何もなかった。信じて」と白々しく嘘泣きしながらマスコミに訴えた。

ルビーは別に相手の男がどうなろうとどうでも良かったはずだが、ベルルスコーニから相当額の金がルビーに送られて、ルビーは「金のため」に証言を変えたと言われている。

そんなゴタゴタが世界中に発信されたが、そのときに世界が知ったのは、モロッコ女性ルビーの美貌である。「モロッコ女性とは、こんなに美しいのか……」

ちょうどその頃、モロッコと地続きにある隣国アルジェリアの女性が、パリで問題になっていた。

やはり彼女も17歳にして有名なサッカー選手と次々と売春して大騒動を引き起こしていたのだ。彼女の名前はザヒア・ドゥハール。(17歳で世界を手玉に取った。高級売春婦ザヒアに欧米が激震

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net