町田

タイの小悪魔アイリーンが町田の「ちょんの間」にいた時代が今も懐かしい

私は電子出版でブラックアジア的小説『グッドナイト・アイリーン 町田「ちょんの間」の闇にいたタイ女性(鈴木 傾城)』を出している。この小説(中編)は一応、小説のスタイルを取っているが、内容のほとんどが実話である。 小説の舞台は東京の町田という場所だ。 かつてこの場所は、東南アジアから来た多くの売春女性が固まって「ちょんの間」の売春をしていた場所で、1990年代は南米の女性たちもサメのように徘徊してい […]

◆再び町田へ。次に町田に外国人女性が戻るのはいつなのか?

私は電子ブックで小説『グッドナイト・アイリーン』を発行している。町田の売春地帯がどのようなところだったのか知りたい方は、どうぞ読んでみて欲しい。(『グッドナイト・アイリーン 町田「ちょんの間」の闇にいたタイ女性(鈴木 傾城)』) 小説なので、脚色は入っている。しかし、内容の8割は真実に基づいていおり、登場人物もひとり残らずモデルがいる。 アイリーンという女性は本当にいたし、もしかしたらありし日の彼 […]