アンダークラス

社会の底辺で増えていく家賃滞納。分相応のところで暮らして住所を守れ

衣食住の中で、最も調整が利かないのは「住」である。つまり、経済的にピンチになった時、着るものや食べるものは我慢することで調整できるのだが、家賃だけは自分の意志では調整できない。 そのため、分相応に過大な家賃のところに住んでいたり、過大な住宅ローンを組んでいたりすると、生活が破綻すると同時に「住」も失ってしまう。 カネを失った上に、住むところも失う。それは、まさに人生のどん底だというのは誰しもが思う […]