◆ウクライナは、もはや内戦が起きているような状態に陥った

NO IMAGE

2014年はあちこちの新興国の崩壊で、壮絶な年になる可能性が高くなっている。

すでに、アメリカの投資銀行は、今までBRICSと言って持ち上げていた新興国を、一転して「フラジャイル5」などと嘲笑している。

これを見ても分かるが、新興国の足元が揺らいで崩れ落ちそうになってしまっている。

通貨で投資銀行が「脆弱だ」と言っているのは、ブラジル、インド、インドネシア、トルコ、南アフリカで、これらの5カ国は今年中に何らかの巨大な政治的・経済的な大危機が発生する可能性が非常に高まっている。

その遠因は、成長の源泉であった中国が失速してしまっているからである。

中国は高金利で金を集めていた理財商品(金融商品)がすでに一部でデフォルトしている。すでに、不動産バブル崩壊は始まっているのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事