◆タイのリゾート・プーケット島の海に潜んでいる「青い悪魔」

NO IMAGE

タイの高級リゾート地プーケットに着いたばかりのイギリス人家族が海辺で遊んでいた。母親と子供がバナナ・ボートで沖に出て遊んでいるとき、母親が海に落ちた。

海に落ちた彼女は、バナナボートの上の子供と一緒に笑っていた。

しかし、次の瞬間、右足を数百のカミソリで切られたかのような激しい痛みを感じ、彼女は絶叫し、溺れた。

彼女は何が起きたのか分からなかったが、恐らくサメに自分の右足を食いちぎられたに違いないと溺れながら感じていたという。しかし、サメではなかった。熱帯の危険な電気クラゲだったようだ。

溺れかけている彼女を夫が海に飛び込んで助けたのだが、彼女の右足の皮膚は激しく損傷していた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net