気象

日本は東南アジアと同じ気温に。夏は熱帯の生き方を取り入れるべき

「日本は熱帯化している」「日本は暑くなった」と言われ続けているのだが、その通りだ。 2018年7月。凄まじい暑さが続いている。気象庁によると、7月23日に埼玉県の熊谷市で国内の観測史上で最も高い最高気温41.1度を観測した。 さらに、東京でも青梅市がが40.8度で、観測史上初めての40度超えとなっている。この暑さは今後も解消せず、8月になっても依然として平均よりも暑い日が続くと気象庁は発表している […]