死の選択肢

そろそろ日本人も尊厳死・安楽死を認めるように大きく声を上げてもいい頃だ

ちなみに私は安楽死・尊厳死も賛成する。なぜ「高齢になり、寝たきりになり、意識も薄れ、永遠に介護されないと生きていけないのなら死ぬ」という考え方がいけないのか。「尊厳を持って死にたい」という人もいる。日本はそろそろ「死の選択肢」を考えるべき時が来ている。(鈴木傾城)