リビア

◆リビア内戦でのカダフィ派の集団レイプが少しずつ明るみに

リビアで2011年2月から民主化デモ・反カダフィの暴動が起きたときに、カダフィ政権が反カダフィ派の人々に組織的レイプを奨励したという話が記事に流れてきていた。 これは被害者も表に出てこなかったし、カダフィ派は「敵の卑劣なデマ」だと言い続けていた。一方で、確かにレイプが奨励されて、バイアグラでさえ出回っていたと言われている。 軍命令、あるいは武器としての戦場レイプはあったのか、それともなかったのか。 […]

◆カダフィ大佐、撃つなと懇願するものの頭部を撃たれて死亡

2011年10月20日。カダフィ大佐が死亡したという報道が入っている。 もちろん真偽は分からないのだが、リビアの反カダフィ派組織「国民評議会」のホガ副議長が20日、東部ベンガジで記者会見している状況から見ると本当のようだ。 速報でいくつか写真も入ってきているので、紹介したい。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

◆カダフィ大佐の息子ハンニバルとその妻アリーネの赤裸々

ダークネスに、「カダフィ大佐の息子ハンニバルとその妻アリーネの退廃生活」をアップしたが、そちらでは載せられなかった写真は、こちらの方に載せておきたい。 より、赤裸々な写真となっている。ハンニバル・カダフィは、妻のアリーネ・スカフに何を求めていたのか。それはこの写真を見れば明らかだ。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

◆カダフィ大佐の息子ハンニバルとその妻アリーネの退廃生活

カダフィ大佐の五男ハンニバルは、イタリアやスイスで暴力事件を起こして、そのたびに外交官特権を使って逃れたり、あるいは父カダフィ大佐に圧力をかけてもらって逃れてきている。 ヨーロッパでは馬鹿息子の代表と言えばこのハンニバルが筆頭として出てくるほどだ。妻は下着モデルをしていたアリーネ・スカフ。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について