覚せい剤

◆私が見てきたドラッグ依存者。薬物で身心共にボロボロになった姿の哀しさ

東南アジアの女たちと関わっていると、時々ドラッグをしている女性と一緒になることがある。 かつてのタイは、ヤワラーの安い旅社(ゲストハウス)に出入りする女性の何人かはシンナー中毒だったし、2000年代前後はヤーバーでハイになっている女性は珍しくなかった。 さらに隣国のカンボジアでは、マリファナ、ヤーバー以外にも、揺頭(ヤオトウ)=エクスタシーと呼ばれるパーティードラッグが『ホリデー』や『マティーニ』 […]

blackasia.net