バブル

世の中は予測ができないことがしばしば起きて成功していた人をも破綻させる

何をどうしても正確に見通せないという現実がある以上、それを求めるのは単なる「ないものねだり」であり、意味がないことなのである。だとすれば、私たちが本当に求めなければならない能力とは何だろうか。私たちに必要となるのは「想定外が起きても人生が終わりにならないための対策」と「態勢を立て直す能力」の2点だ。(鈴木傾城)

女性が考えている「普通の男」はいなくなり、弱肉強食の資本主義が襲いかかる

1990年に入ってから日本の狂乱バブルは急激に崩壊し、株式市場も不動産市場も二度と復活することがないほどダメージを受け、バブルに踊った人たちもことごとく破綻していった。日本の経済環境はますます悪化していき、日本人の男性は「三高」を満たすことが事実上「不可能」と化した。相変わらず女性が求める「高い属性(スペック)」に応えられなくなってしまったのである。(鈴木傾城)