会員制

2/147ページ

◆風俗嬢も婚活サイトに登録し、普通の女性を装って相手を探している

結婚というシステムはすでに瓦解しているようなものだと私は思っているのだが、それでも結婚したいと考えている男女はとても多くて、婚活市場が今や巨大なビジネスとなっている。 「婚活」というのは「結婚に向けた活動」を手短に言った言葉だが、婚活は恋愛とはまた違ったカテゴリで捉えられているのが興味深い。 若い頃は何もしなくても同年代の相手が次々と寄ってくるので、その中の誰かと恋愛して気に入って結婚すれば「恋愛 […]

◆流出被害に遭ったパキスタン女性。ヌードも性器も何もかも漏れてしまった

恋人のスマートフォンやPCを勝手にのぞく行為はどう思うだろうか。かつては恋人の家のポストの中の手紙を勝手に持っていって封を開けるようなストーキング行為があったのだが、最近のプライバシーはすべてスマートフォンの中にある。 そのため、恋人が勝手にスマートフォンの中を見たり、メッセージや通知を秘かにチェックしたり、勝手に位置監視ソフトやキーロガーをインストールしたりするような行為が全世界で起きるようにな […]

◆「赤ん坊の目をくり抜く」「赤ん坊を食べる」異常行為が正当化される理由

閲覧注意 ナイジェリアでは「黒魔術(ブラック・マジック)」が信じられており、しばしば女性や子供が生け贄として捧げられている。 儀式のために、両乳房を切り取られて殺された女性の遺体も以前に紹介したことがある。(ブラックアジア:儀式のために、両乳房を切り取られて殺された女性の遺体) 神を信じる人がいるのだから、悪魔を信じる人もいる。悪魔は神に対抗し得るほどのパワーを持つ存在であると考えられている。そう […]

◆下半身を剥き出しにされ、顔面の皮を半分引き剥がされて殺された少女

閲覧注意 今は人の出会いはインターネットから始まる。多くの人は、フェイスブックやインスタグラムで自分の私生活を公表するので、SNS(ソーシャルネットワーク)が「出会いの場」となる。 フィリピンのセブ島に住んでいた15歳の少女クリスティーン・リー・シラワンもまたフェイスブックを利用して自分の写真や私生活をアップしていたのだが、多くの男たちから友達申請があって、彼女はそれを次々と受け入れていた。 彼女 […]

◆ひととき融資。カネを借りてセックスを強要され犯罪に巻き込まれる地獄

昭和の時代、公衆トイレや電柱や電話ボックスのようなところに「カネ貸します」という名刺大の怪しい紙がベタベタと貼られていたのを覚えている人もいるはずだ。こうした広告の100%は「ヤミ金」だった。 トイチやトゴという想像を絶する暴利で借りた人間からすべてを毟り取っていくものである。トイチというのは「10日で一割」で、実質年率にすると3100%である。トゴは「10日に五割」で、実質年率にすると2億184 […]

◆東南アジアの売春地帯で女性をスカウトしてポルノを作る日本人はいない?

東南アジアの売春地帯には、ただセックスワーカーたちと堕落に耽るためだけに来ているハイエナが99%なのだが、そうでない男たちもいる。 いつだったか、バンコク・スクンビットのナナ・プラザのオープンバーでひとりの女性と知り合ったのだが、彼女は私と知り合う前日にふたりのファランに奇妙なアプローチをされていたと私に話した。 「ポルノを撮りたいので出演してくれ」 彼女はそれを断ったのだが、彼らはすぐに他の女性 […]

◆インドのサリーを脱がすのは簡単。着るのは手間だが脱ぐのは一瞬

先進国では、一般的に高級な地域になればなるほど女性が民族衣装を着る。民族衣装は豪奢で華美なスタイルが伝統として残されており、衣服の代金は高額なことが多い。高額ゆえに上流の女性しか着られなくなる。底辺はだいたい普通の洋服だ。 ところがインドでは、高級な地域になればなるほど女性が普通の洋服を着て、底辺は民族衣装になる。とは言っても、インドもすでにかなり西洋化されてしまって、今ではもうサリーを着るのは田 […]

◆売春地帯の女性たちの中で、あなたはどんなタイプの女性を連れ出すか?

真夜中の売春地帯にいると多種多様な容姿の女性に出会うことになるのだが、男の好みはそれぞれ違っているので、どんな女性もバーファイン(連れ出し)されるチャンスがあるのは間違いない。 もちろん、誰からも好かれる容姿・性格の女性もいるし、逆に遠ざけられる容姿・性格の女性もいる。チャンスは平等ではない。平等ではないが、あまり好かれそうにない女性でもチャンスはあるのが面白い。 「最も美人が最も人気がある」と言 […]

◆リストカット。今までこれほどひどいリストカットは見たことがない

閲覧注意 身体を切り刻んで血を流す。それは、とてもショッキングなことだ。自ら皮膚を切り裂くその行為は、身体の傷であると同時に、心の傷でもある。 ところで、最近のリストカットはかつてとは様相が違っている。どういうことなのかというと、リストカットも「見せる時代」になってきているのである。 リストカットをする者同士、あるいはリストカットをする女性を愛するフリークたちが存在していて、リストカットの傷をSN […]

◆人間の二重性。ペットは溺愛されるが、害虫・害獣は容赦なく殺される

閲覧注意 動物を愛することができる人というのは心の優しい人だ。私自身は小さな動物に対して慈愛を持つような経験はしたことがなく、自分が動物と一緒に暮らすことを考えたこともない。 基本的に私は自分自身が野良犬のようなものであり、動物を育てるような心のゆとりや動物に愛を捧げる環境にはない。 しかし、動物に対して責任を持ち、きちんと愛することができる女性は嫌いではない。嫌いどころか大好きだ。動物も愛せるよ […]

◆台湾女性は親日で日本人と顔も似ているのだが、意外と相性は良くない?

台湾は親日の国家としてよく知られているのだが、台湾女性も日本の流行に敏感で、女性の容姿やスタイルが日本とよく似ていることが知られている。しかも、台湾女性が笑顔が素敵で明るい性格の女性が多い。 明らかに中国本土の気風とは違っており、南国特有の楽天的な考え方が根底にあると分析する人もいる。 そして、何よりも台湾の女性は日本人女性と外見が似ている。 タイやカンボジアやインドネシアの女性たちの東南アジア系 […]

◆下半身を露出する男が、女性が驚く姿を見て激しく興奮する理由とは?

東京都北区滝野川の路上で、23歳の男が帰宅途中の5人の女子高校生に下半身を露出して逮捕されている。林蓮太郎という名前の男なのだが、この男は映像関係の仕事をしている会社員で、恋人もいる男だった。 決して社会不適合者ではない。この手の事件では無職の男がよく浮上するが、きちんと職を持っている。普通に暮らし、普通に会社に勤め、普通に恋人がいる男だった。しかし、裏でやっていることは普通ではなかった。 余罪は […]

◆学歴も職歴も何もない裏の人間が、一撃必殺で信用されるための手口とは?

アンダーグラウンドに生きている人間の中には、「一瞬にして勝機をつかむ」「一瞬にして場を支配する」「一瞬にして相手よりも優位に立つ」ことに長けている人がいる。 彼らはみんな胡散臭い経歴だ。私生活はめちゃくちゃ、性格もめちゃくちゃだ。 学歴もなければ、基礎的な教育もないことが多い。常識もなく、考えも浅いことが多い。場合によっては、すでに逮捕歴もあるかもしれない。 ところが、そんな人間が「一瞬にして」、 […]

◆めった刺しやバラバラ殺人の犯人は残酷で冷徹な人間ばかりではない?

閲覧注意 被害者がめった刺しにされて殺された事件があると、残された遺体は非常に大きく損壊している。それを見た私たちはこのように思う。 「死体はめった刺しされている。現場は血まみれだ。これは、怨恨があったに違いない。あるいは、犯人は非常に残忍な性格に違いない」 あるいは、バラバラ事件が起きて、手足がどこかから見つかったり、胴体だけが見つかったりしたとき、それを見た私たちはこのように思う。 「死体はバ […]

◆パートナーを抹殺することによって、ようやく嫉妬する男の心は安定を得た

閲覧注意 あなたは嫉妬深い性格だろうか。それとも、自分の愛する人がどうであっても束縛しない性格だろうか。 嫉妬心の強弱は人によって違い、また相手によっても違ってくる。しかし、嫉妬の強度はあったとしても、多くの人はそれなりに誰かを嫉妬したり、嫉妬されたりして生きている。 嫉妬は、心の中で自然に湧き上がり、そして自分では止めることができない感情である。 この感情は相手に対する激しい憎悪を生み出す元にな […]

◆「タイ女性専門デリヘル店」が再び摘発されたが、その裏側にある特殊な事情

2019年6月11日。歌舞伎町と鶯谷で「タイ女性専門デリヘル店」を経営していた浜口直之という46歳の男が売春防止法違反で逮捕されている。店名は『タイガール』。東京では名の売れたデリヘル店だった。 店に所属していたのは70名近くのタイ女性。一日約40人の客が利用していて、80万円近くを売り上げていたという。 ところで、歌舞伎町では別のタイ女性専門店が2018年10月10日に摘発されているのは以前にも […]

◆毎年400人近くのトランスジェンダーや同性愛者が殺される国ブラジル

閲覧注意 2019年1月。ブラジルでひとりの男が大統領の座に上り詰めた。ジャイール・ボルソナーロ。64歳。型破りな大統領なのだが、この大統領の何が型破りなのかというと、トランプ大統領を上回る暴言で次々と物議を醸すことである。 労働者党のマリア・ドゥ・ロザリオ下議に対して「あなたはレイプするほどの価値もない女だ」と言ってみたり、「わたしには5人の子供がいるが、最初の4人は男ができ、最後に力が弱まって […]

◆私たちのまわりは事故物件だらけになるのだから慣れておいた方がいい

閲覧注意 すでに日本では「家族」という形態が崩壊しつつあると言っても過言ではない。日本では単独世帯が爆発的に増加しており、いまや日本人の3分の1以上が単独世帯であるのを見てもそれが分かる。 単独世帯は要するに「ひとり暮らし」のことを指す。 若者が結婚しなくなったのと、離婚と、高齢層がパートナーを失うのが同時並行で起きていることに単独世帯増加の原因がある。あと20年もすると、国民の約4割は単独世帯に […]

◆シンガポールの売春地帯ゲイランは変化して新しい売春の波に飲まれる

2019年12月30日。シンガポールの売春地帯ゲイランの安ホテル『ゴールデン・ドラゴン・ホテル』で34歳のインドネシア人女性が首を絞められて殺されるという事件が起きていた。 メイドの仕事で働きに来ていた女性が、シンガポールで知り合ったバングラデシュの男と別れ話になったところを殺されたのだった。彼女は別れたかったが、バングラデシュの男は彼女を手放したくなかった。そんな事件だった。 ゲイランで起きた殺 […]

◆バングラデシュのレズビアン。迫害される社会の中で主張するということ

イスラム教の国々はどこもLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)には理解を示さない。バングラデシュもまたイスラム教の国であり、人々はLGBTの人たちを嘲笑したり、嫌悪したりする。 それだけではない。LGBTの権利を訴えるグループを「神の教えに反している」として殺害することもある。 2016年には、同性愛者の権利を訴える活動をしていた人物が、自宅アパートに押し入ってきた6人の […]

1 2 147