閲覧注意

17/18ページ

殺戮大陸メキシコの狂気(3)カルデロン大統領暗殺計画まで発覚

閲覧注意 フェリペ・カルデロンが大統領になって実際に麻薬撲滅戦争を開始した2007年から、メキシコの死者はうなぎのぼりになっていった。 それは2008年に入っても2009年に入っても収まることはなく、2010年に入った今でもまだ麻薬戦争は続いている。 日本人は戦争でも何でもないものを「戦争」と言い、難民でも何でもないものを「難民」と言って言葉遊びをすることが多いが、メキシコの麻薬「戦争」は、実際に […]

  • 2012.11.18

◆次々と起きているレイプ殺人。遠い国の他人事の話ではない

閲覧注意 メキシコシティから70キロ南東に行くとポポカテペトルと呼ばれている山がある。 2012年7月14日、そこでキャンプをしていた90人近いキリスト教関係の青年を、武装した17人近いのギャングが襲いかかった。 このギャング集団は青少年を銃で脅しながら金品や貴重品を奪い、そのあと集団で7人の女性をレイプし続けた(8人という報道もある)。 のちに、これらのギャングの大半は逮捕されたが、何と2名が警 […]

  • 2012.10.23

◆麻薬乱用者のレイプ殺人。「錯乱して記憶がない」は本当か?

閲覧注意 麻薬を乱用すると「理性」の部分が欠落して「本能」の部分が残る。だから、麻薬乱用者のレイプ事件は「錯乱した状態」で起こされることが多いと言われている。 マリファナやヘロインはダウン系と言ってその場にへたり込んで快楽に打ち震えるタイプのものだから、乱用すればするほど大人しくなる傾向がある。 しかし、コカインやメス(覚醒剤)は違う。乱用すれば、体内にエネルギーが駆け巡り、「底なしの行動力」が湧 […]

  • 2012.10.20

◆虐待されたメイド。顔面をズタズタに切り裂かれて死ぬ

閲覧注意 フィリピン・マニラで出会った女性ジーナは、中東でメイドをしていたという話を書いた。(ジーナ(1)中東に出稼ぎに行き、メイドをしていたジーナ) フィリピン女性の数多くがメイドとして中東に派遣されているが、悲惨な目に遭っている女性も多い。 日本では「大きくなったらメイドになりたい」という無邪気な夢を持つ少女もいるようだ。 もちろんこれは、メイドというのは可愛らしい服を着てちやほやされる仕事と […]

◆殺戮大陸メキシコの狂気(9)麻薬カルテルは静かに増殖する

閲覧注意 2012年7月1日、メキシコの大統領はフェリペ・カルデロン氏からエンリケ・ペーニャ・ニエト氏に変わった。 ちょうどその前、メキシコの治安当局が麻薬組織の「大物の息子」を逮捕したとして、カルデロン大統領が率いる与党「国民行動党」はこれを絶賛していた。 これによって、選挙で与党が押すホセフィナ・バスケスモタ氏を勝たせようとする算段だったと言われている。 ところが、逮捕したこの「大物の息子」が […]

  • 2012.10.04

◆なぜレイプ殺人鬼は、殺した女性の死体を冷蔵庫に隠すのか?

閲覧注意 2012年5月に、福井県・九頭竜湖で湖岸に放置されていた「冷蔵庫」から足を折り曲げた白骨遺体が見つかった。死体は愛知県の27歳の女性のものだった。夜の世界で生きていた女性だった。 ちょうど同じ時期、アメリカ・ロサンゼルスではバーの従業員の男性が殺されて「冷蔵庫」に隠されていたのが発覚していた。 9月には東京都豊島区巣鴨のマンションで、生まれたばかりの赤ちゃんの遺体が「冷蔵庫」に入れられて […]

  • 2012.09.23

◆あなたがシンガポールで鞭打ち刑になると、こう執行される

閲覧注意 シンガポールでは罰金刑の他に、鞭打ち刑というものがある。 欧米がこのような体罰は止めるようにと今まで何度もシンガポール政府に対して言い続けてきた。というのも、この刑は外国人も対象になっており、欧米人もしばしば刑を執行されているからだ。 しかし、シンガポール政府はそれを内政干渉だとしてはねつけて、いまだ1年に約1000人以上に鞭打ち刑を執行している。 つまり、1日に2人から3人は毎日、鞭打 […]

  • 2012.09.03

◆ムンバイにはびこる暴力とダウド・イブラヒムを巡る裏世界

インド編 閲覧注意 インドではヒンドゥー原理主義派とイスラム教徒が激しく対立し合っている。 どちらも相手のコミュニティに突如として大群で押し寄せて、子供も女性もまとめて殺害し、建物を放火して襲いかかる。宗教対立とは「皆殺し」が正当化される対立である。 こういった対立と武力を背景にして、そのどちらにも「武闘派」が生まれて来る。この武闘派が暴力団の核となる。ムンバイの売春地帯を支配しているのが、そうや […]

  • 2012.08.23

◆凄惨なレイプ事件が横行する海外と、何も知らない日本女性

閲覧注意 ルーマニアでレイプされて殺された益野友利香さんの事件が日本で大きく取り上げられている。(益野友利香。ルーマニアでレイプされて殺された20歳の女性) この事件で、改めて国外で若い女性が一人歩きをすることの危険性が取りざたされるようになった。 若い女性がレイプ被害に遭う……。それは非常に深刻な事件にも関わらず、あまりにも「ありふれている」ので、多くのマスコミもあまり取り上げていないし、あまり […]

◆ダリットの女たち(1)いまだレイプされ続ける女性のこと

インド編 閲覧注意 ずいぶん改善されてきたとは言われているが、未だに現実に起きている苛烈な差別がある。ダリットと呼ばれる人たちへの差別だ。 「前世は犯罪者だ」と生まれたときから言われ、「だから差別されて当然なのだ」と結論づけられた人。それが、ダリットである。 もしあなたがダリットの女性として生まれていたら、生まれながらにして両親は虐げられ、嘲笑されているのを見て育つ。家は極度に貧しく、仕事もなく、 […]

  • 2012.07.25

◆売春地帯パタヤ。ポルノを見ながら全裸で死亡した米国人

閲覧注意 2012年7月23日早朝、タイ・パタヤのサービス・アパートの室内で65歳のファラン(白人)が全裸で死亡しているのが発見された。 死んでいたのはロバート・ウィリアム・グリフィスというワシントンから来たアメリカ人だった。発見時はベッドにうつぶせに横たわった状態だった。 性器には射精したあとがあり、精液がこびりついてシーツも濡れていた。セックスの相手がいて殺害された可能性もあった。 しかし、室 […]

  • 2012.07.15

◆病気や障害を持った人も、剥き出しで存在するインド売春地帯

インド編 閲覧注意 インドの売春地帯は、完全なる混沌状態にある。 病気の女性も、障害を持った女性も、地方や外国から連れて来られて言葉の通じない女性も、若すぎる女性も老いすぎる女性も、みんな一緒くただ。 障害や病気を持った人たちを社会に組み込むためには何らかのサポートが必要なときもある。 しかし、インドではそんなサポートなどない。そのまま放り込んで、サバイバルさせている。 だから、性病の女性も、精神 […]

  • 2012.07.09

◆暴力の地に取り残された。公開処刑されるアフガンの女性

閲覧注意 アフガニスタンの女性蔑視については、これまでも繰り返し起きてきたし、これからもずっと続いて行く。ここ1週間ほどで起きている事件も、ひどいものが多い。 2012年7月4日には、アフガニスタンの東部で、ひとりの女性と、その子供ふたりが、首を切断されて殺された事件があった。犯人は元夫だった。 彼女は結婚してからずっと夫の家庭内暴力に苦しんできて、やっと離婚して暴力の毎日から逃れられたばかりだっ […]

  • 2012.06.11

◆ミャンマー非常事態宣言。宗教対立、レイプ報復、虐殺、放火

閲覧注意 2012年6月10日。ミャンマーのテイン・セイン大統領は、西部ラカイン州で仏教徒とイスラム系少数民族の「ロヒンギャ」の間で深刻な対立と衝突が起きているとして、非常事態宣言を発令した。 この対立がミャンマー全土に拡大していく懸念があるということから発令されたものだった。 ミャンマーはアウンサン・スーチー氏が民主化運動を開始したばかりである。 いよいよ、民主化に向けて国が変わっていこうとする […]

◆ルーカ・マグノッタ。死体損壊をしていたカナダのポルノ男優

閲覧注意 2012年6月4日、ドイツに逃亡していたカナダ人が逮捕されて大きなニュースになっている。29歳のこの端正な顔つきをしていた男は、バラバラ殺人の容疑者だった。 バラバラ殺人というだけでも、これはとても残酷で常軌を逸した事件だ。 しかし、「ルーカ・マグノッタ」を名乗るこの男は、実は被害者を殺害し、遺体を切断する場面を延々とビデオで撮影して、それをインターネットにアップしていたという衝撃の事実 […]

◆ホンジュラスの刑務所火災で起きていた受刑者の大量焼死

閲覧注意 2012年2月14日に、ホンジュラスのある刑務所では、刑務所で起きた火災事故としては世界最悪の死者と規模になった事故が起きていた。 火災の原因はいまだ分かっていないが死者は355人をのぼり、ほとんど炭化して白骨化するほどの死体もあるのでかなり長く執拗に燃え続けた火災であったことが窺える。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員につ […]

◆夜の女性のリストカット(自傷行為)の果てにあるものは……

ある女性の腕に規則正しい切り傷がついているのを見たことがある。最初、それが何なのか分からなかった。傷は平行に、そして等間隔に付けられており、その傷が両腕に存在した。 インドネシアの女性だったので、それはタトゥーか何かのように、インドネシアでは流行っている皮膚のアクセサリーなのかと思った。 しかし、あとで私はそれが何か知ることになった。それは、リストカットの一種だったのだ。 私が見たそのインドネシア […]

  • 2012.05.02

◆戦争とレイプ(4)スリランカ軍がゲリラ女性兵に行ったこと

閲覧注意 好きだったスリランカの女性がいる。彼女はシンガポールで売春をしている女性だった。私は彼女に惚れた。(リーパ(1)夜の街に立つ彼女の凶悪な目付きに惹かれた) 彼女はシンハラ人。LTTE(タミル・イーラム解放のトラ)にスリランカ北部のジャフナで夫を爆殺されて若き未亡人になったという経歴を持っていた。 スリランカでは彼女のような立場の女性は珍しくない。 スリランカの内戦の深刻さは、彼女を通して […]

  • 2012.03.30

◆テロ情報とバンコクで両足を吹っ飛ばしたイラン人のスパイ

閲覧注意 2011年12月26日、「バンコク都内東部における爆発未遂事件の発生」が各大使館から発表された。 その後、爆弾を仕掛けたタイ人が逮捕され、時限式の手製爆弾は不発処理されて事なきを得た。 これはタイ国内の政治的な闘争を仕掛けるために行われようとしたテロ事件だという話で一件落着になった。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

◆1998年5月、インドネシアのコタの街で起きたレイプと虐殺

閲覧注意 インドネシア編 インドネシアで経済の中枢をしっかりつかんでいる中国系の人々は、常に嫉妬や羨望の的だ。 その事実は「中国系に搾取されているから他は貧しいのだ」という歪んだ感情となって鬱積してゆく。 だから、暴動が起きると中国系の人々は真っ先に略奪の対象になってしまう。スハルト政権もいよいよ末期に近づいた1998年5月もそうだった。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ロ […]

1 17 18