会員制

141/146ページ

◆古き良きメキシコの想い出と崩壊国家を狙うハイエナのこと

メキシコ 2001年6月12日。私はメキシコのティファナからバスで南下してエンセナダ(Ensenada)という港町に向かっていた。 なぜそこに向かったのかというと、ティファナの女たちから、あの街はきれいで安くて過ごしやすくて美しい女たちもたくさんいるからと教えてもらったからだった。 それまでエンセナダという街を聞いたこともなかったが、そこが「港町」だと言うのが気に入って向かう気になった。世界中のど […]

  • 2011.10.13

◆ミャンマーで一人旅をしていた邦人女性が首を締められ死亡

2011年9月28日、ミャンマーの中部バガンでバイクタクシーに乗っていた白松千晴さん(30歳)が首を締められて殺されたのがニュースになっていた。 宿に戻る途中で、バイクタクシーの男にレイプされそうになり、抵抗しているところを殺されてしまったのだろう。 農婦がたまたま目撃して警察を呼んだという状況が書かれているが、農婦しか目撃していないので逆に言えば人里離れたところに連れて行かれて襲われたと推測でき […]

  • 2011.10.13

◆タビロック。世界一周旅行をしていた若い旅人が亡くなった

夫婦で世界一周をしていた若い旅人が死んだようだ。私は他人の旅紀行はまったく読まないので何も知らなかったのだが、タビロックという題名のブログも持っていて有名な旅人だったということだ。(タビロック夫婦で世界一周しよっ) 2010年2月7日に旅に出て、奥さんは今年10月6日、旦那さんのほうはその二日後10月8日に、それぞれ亡くなったのだという。最期の場所は南米ボリビアのラバス、死因はアフリカで感染したマ […]

  • 2011.10.10

◆2011年10月。タイで未曾有の洪水災害。過去最悪の災害か?

ちょうど一年前の2010年10月、タイでここ数十年で最悪の洪水が訪れたと大きなニュースになったのは、もう覚えている人もいないかもしれない。 ここ数年、アジアは天変地異のオンパレードで、インドも、フィリピンも、パキスタンも、かつてない「数十年に一度」の災害が続々と国家に襲いかかっている。 そして、先月からタイは降り止まないスコールによって、去年を超える規模で洪水被害が出ている。 このコンテンツを閲覧 […]

  • 2011.10.10

◆尋常でない巨乳で圧迫死の危険のあったペルーの女性のこと

非常に巨大な女性の乳房に関心を持つ男も多い。乳房は女性の性的なシンボルにもなっているので豊胸手術を受ける女性も多く、売春地帯でもシリコンの乳房は珍しいものではない。 しかし、常軌を逸する巨大乳房に「成長」する女性もいるようだ。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.10.08

◆6人の女性を拉致・監禁して秘密地下室でセックスの奴隷に

2011年9月。中国の河南省洛陽市で、ひとりの女性が警察に「性の奴隷にされていた」と駆け込んで奇妙な事件が発覚した。 彼女以外にも3人の女性が未だ地下室に監禁されていて、他に2人が殺されて埋められたという。 この通報に仰天した洛陽市警察はただちに特別捜査隊を設置して、通報の2日後、女性を監禁していた男の身柄を拘束し、「性の奴隷」3人を救出した。 彼女たちは、地下室のさらに下の地下室に隠されて、長い […]

◆カダフィ大佐の息子ハンニバルとその妻アリーネの赤裸々

ダークネスに、「カダフィ大佐の息子ハンニバルとその妻アリーネの退廃生活」をアップしたが、そちらでは載せられなかった写真は、こちらの方に載せておきたい。 より、赤裸々な写真となっている。ハンニバル・カダフィは、妻のアリーネ・スカフに何を求めていたのか。それはこの写真を見れば明らかだ。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

◆カダフィ大佐の息子ハンニバルとその妻アリーネの退廃生活

カダフィ大佐の五男ハンニバルは、イタリアやスイスで暴力事件を起こして、そのたびに外交官特権を使って逃れたり、あるいは父カダフィ大佐に圧力をかけてもらって逃れてきている。 ヨーロッパでは馬鹿息子の代表と言えばこのハンニバルが筆頭として出てくるほどだ。妻は下着モデルをしていたアリーネ・スカフ。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.10.05

◆パタ・ジャディ・ドゥア。麻薬で死んだアルダの甘く切ない曲

インドネシア人は音楽が好きで、旅をしながらインドネシアの郊外を歩いていると、古びたギターを持った男が、街のカフェで、路上で、あるいは長距離バスの中で、何かを歌っていたりする。 その多くは一度聞けば忘れてしまう音楽だったりするのだが、旅の中で聞く音楽はとても印象が深い。 インドネシアの女性と一緒にいると、彼女たちもまたリラックスすると、ふたりきりの静かな部屋の中で、自然とインドネシアの流行の歌を情感 […]

  • 2011.09.30

◆人身売買から性奴隷まで。売られた赤ん坊が辿る7つの末路

子供たちが売られている。世界中のあちこちで当事者が逮捕されているが、実態が明るみになっているとはとても言えない状況だ。すべてが氷山の一角である。 売る側も、買った側も決して口を割らないし、売買の際には身分を隠す。 そして、売られている当事者の子供たちは世の中がどうなっているのか分からないから声を上げることもない。人身売買の目的が臓器摘出であれば、子供たちは声を上げる前に死ぬ。 このコンテンツを閲覧 […]

  • 2011.09.28

◆シンガポール・ゲイラン。女性たちの落ちぶれていく場所

シンガポール編 シンガポールにはいくつか政府公認の売春地帯があるが、その中でもゲイランは非常に大きな歓楽街になっている。 ただし、バンコクのようにディスコティックな音楽が溢れているわけでもなければ、ゴーゴーバーで女性がビキニで踊っているわけでもない。観光客もいない。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.09.25

◆【投稿】ゆるい雰囲気がパタヤらしくて大好きなのです

(この記事は読者から頂いた投稿です) パタヤについてですが、私も非常に好きな場所です。 アジア各地のディープな場所をさまよったような経験はないのですが、パタヤの退廃的でありながらも活気あふれ、しかもビーチリゾートというところが気に入っています。 Walking Streetも結構好きで、夜にはGoGoバーをはしごするのが楽しみなのです。 たしかに、あのブロックのBar Beerは客から金をできるだ […]

◆質素で素朴な北ベトナム・ミャンマーの少数民族を写した光景

私は都会でも田舎でもどちらでも暮らしていけるタイプで、頻繁にその両方を行き来している。ところが、最近は健康を害した上に、インターネットの依存度が日増しに高まっているので、田舎に引きこもるというのができなくなった。 しかし、インターネットがなければ困るのかと言われれば、実はそれほど困ることもない。そういえば、今年も数ヶ月の「音信不通」の間はインターネットには縁がなかった。(それで問題がなかった) こ […]

  • 2011.09.16

◆ラホールのヒーラー・マンディ。イスラムの売春と踊り

パキスタン・ラホールには、魅惑的な女性がエロチックな踊りを踊ってくれる売春地帯があるのを知らない人も多い。そもそも、戒律の厳しいイスラムで売春に従事する女性たちがたくさんいるというのは日本人の理解を超えるらしい。 何度も何度も「本当にそうなのか?」というメールが来るが、本当にそうなのである。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.09.15

◆売春地帯で出回っているいろんな根も葉もない迷信

売春する女性たちは性に関しては意外にいろんなことを知っていたり、信じていたりするので、話を聞いていると飽きないほどだ。 もちろん、その多くが信憑性のないものであったり、迷信だったりするので、私は基本的に彼女たちの言っていることはあまり信じないが、もしかしたら中には「実は真実」という話も混じっているのかもしれない。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員です […]

  • 2011.09.14

◆ナイロビのスラムの油送管が大爆発。死者100名の現場

2011年9月12日、ケニアの首都ナイロビのスラム街で、油送管からガソリンを盗もうとしていた男が、一服でタバコを吸おうとしたところ、その火がガソリンに引火して大爆発を起こした。 火柱と共に激しい黒煙が上がり、鎮火したあとも悪臭が漂い、死体は散乱し、炭化してしまったものもあったという。死者は100名近く、病院に運ばれた負傷者も100名を超えているということだ。 このコンテンツを閲覧するにはログインが […]

  • 2011.09.14

◆連続的に事故を起こしているインドのノスタルジック鉄道

インドの列車のいい加減さは「定評」がある。 あの鉄の塊はまず時間通りに着かないし、どこを走っているのか分からないし、管理されていないし、死亡事故は毎日だ。おまけに一度脱線でもしたらすぐに100人単位で死者を出す。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.09.14

◆レイラ・ロペス。2011年ミス・ユニバースのアフリカ系女性

2011年のミス・ユニバースにアフリカ系の女性であるレイラ・ロペスという名前の25歳のアンゴラ女性が選ばれている。名実ともに彼女が今年の「世界一の美女」になる。 アフリカ系の女性は非常にスタイルと骨格が良く、ミス・ユニバースとして白人系ばかりが選ばれる中では少々損をしているようなところはある。美しさでは劣るわけではない。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは […]

  • 2011.09.10

◆台湾現役陸軍少佐チェン・チージュンの妖艶な写真の問題

ひとりの台湾人女性が物議を醸し出している。彼女は現役の陸軍ミサイル指揮部に所属するれっきとした兵士なのだが、自ら撮ったセミヌードを1500枚も自分のブログに掲載して一般公開していたのだった。 公には彼女の名前は明らかにされていないのだが、インターネットでは陳其君(チェン・チージュン)と名乗っていて、2007年から知る人ぞ知るネット界のアイドルに祀り上げられていた。 このコンテンツを閲覧するにはログ […]

  • 2011.09.07

◆女だけの島。貧困にあった未亡人たちがこの島で救われた

カンボジアの首都プノンペンから約30キロ南のところに「女だけの島(Ge island)」があるそうだ。 未亡人を手助けするNGO「ファミリー・プラン」が収容する女性40名をひとつの場所に集め7ヘクタールの場所を使って村を建設、ここで自給自足の生活をしているのだという。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

1 141 146