137/140ページ

137/140ページ

◆人身売買から性奴隷まで。売られた赤ん坊が辿る7つの末路

子供たちが売られている。世界中のあちこちで当事者が逮捕されているが、実態が明るみになっているとはとても言えない状況だ。すべてが氷山の一角である。 売る側も、買った側も決して口を割らないし、売買の際には身分を隠す。 そして、売られている当事者の子供たちは世の中がどうなっているのか分からないから声を上げることもない。人身売買の目的が臓器摘出であれば、子供たちは声を上げる前に死ぬ。 コンテンツの残りを閲 […]

◆シンガポール・ゲイラン。女性たちの落ちぶれていく場所

シンガポール編 シンガポールにはいくつか政府公認の売春地帯があるが、その中でもゲイランは非常に大きな歓楽街になっている。 ただし、バンコクのようにディスコティックな音楽が溢れているわけでもなければ、ゴーゴーバーで女性がビキニで踊っているわけでもない。観光客もいない。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. あなたは会員ですか ? 会員について

女性に酸を浴びせて顔を損壊させる事件の裏に何があるのか

閲覧注意 10年ほど頃、カンボジア・プノンペンで、タット・マリナという美しい女性が、付き合っていた男の妻から硫酸を浴びせられるという痛ましい事件があった。 ちょうど私がカンボジアをさまよっていた頃に現地で起きた事件だったのでよく覚えている。 それは、顔面から上半身まで体面積の43%が焼けただれる重度の火傷だった。一歩間違えれば死んでいたほどの瀕死の重傷だったが、それでも彼女は何とか生きながらえた。 […]

  • 2011.09.25

◆【投稿】ゆるい雰囲気がパタヤらしくて大好きなのです

(この記事は読者から頂いた投稿です) パタヤについてですが、私も非常に好きな場所です。 アジア各地のディープな場所をさまよったような経験はないのですが、パタヤの退廃的でありながらも活気あふれ、しかもビーチリゾートというところが気に入っています。 Walking Streetも結構好きで、夜にはGoGoバーをはしごするのが楽しみなのです。 たしかに、あのブロックのBar Beerは客から金をできるだ […]

◆質素で素朴な北ベトナム・ミャンマーの少数民族を写した光景

私は都会でも田舎でもどちらでも暮らしていけるタイプで、頻繁にその両方を行き来している。ところが、最近は健康を害した上に、インターネットの依存度が日増しに高まっているので、田舎に引きこもるというのができなくなった。 しかし、インターネットがなければ困るのかと言われれば、実はそれほど困ることもない。そういえば、今年も数ヶ月の「音信不通」の間はインターネットには縁がなかった。(それで問題がなかった) コ […]

◆ラホールのヒーラー・マンディ。イスラムの売春と踊り

パキスタン・ラホールには、魅惑的な女性がエロチックな踊りを踊ってくれる売春地帯があるのを知らない人も多い。そもそも、戒律の厳しいイスラムで売春に従事する女性たちがたくさんいるというのは日本人の理解を超えるらしい。 何度も何度も「本当にそうなのか?」というメールが来るが、本当にそうなのである。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. あなたは会員ですか ? 会員に […]

  • 2011.09.15

◆売春地帯で出回っているいろんな根も葉もない迷信

売春する女性たちは性に関しては意外にいろんなことを知っていたり、信じていたりするので、話を聞いていると飽きないほどだ。 もちろん、その多くが信憑性のないものであったり、迷信だったりするので、私は基本的に彼女たちの言っていることはあまり信じないが、もしかしたら中には「実は真実」という話も混じっているのかもしれない。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. あなたは […]

  • 2011.09.14

◆レイラ・ロペス。2011年ミス・ユニバースのアフリカ系女性

2011年のミス・ユニバースにアフリカ系の女性であるレイラ・ロペスという名前の25歳のアンゴラ女性が選ばれている。名実ともに彼女が今年の「世界一の美女」になる。 アフリカ系の女性は非常にスタイルと骨格が良く、ミス・ユニバースとして白人系ばかりが選ばれる中では少々損をしているようなところはある。美しさでは劣るわけではない。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. […]

◆連続的に事故を起こしているインドのノスタルジック鉄道

インドの列車のいい加減さは「定評」がある。 あの鉄の塊はまず時間通りに着かないし、どこを走っているのか分からないし、管理されていないし、死亡事故は毎日だ。おまけに一度脱線でもしたらすぐに100人単位で死者を出す。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.09.14

◆ナイロビのスラムの油送管が大爆発。死者100名の現場

2011年9月12日、ケニアの首都ナイロビのスラム街で、油送管からガソリンを盗もうとしていた男が、一服でタバコを吸おうとしたところ、その火がガソリンに引火して大爆発を起こした。 火柱と共に激しい黒煙が上がり、鎮火したあとも悪臭が漂い、死体は散乱し、炭化してしまったものもあったという。死者は100名近く、病院に運ばれた負傷者も100名を超えているということだ。 コンテンツの残りを閲覧するにはログイン […]

  • 2011.09.10

◆台湾現役陸軍少佐チェン・チージュンの妖艶な写真の問題

ひとりの台湾人女性が物議を醸し出している。彼女は現役の陸軍ミサイル指揮部に所属するれっきとした兵士なのだが、自ら撮ったセミヌードを1500枚も自分のブログに掲載して一般公開していたのだった。 公には彼女の名前は明らかにされていないのだが、インターネットでは陳其君(チェン・チージュン)と名乗っていて、2007年から知る人ぞ知るネット界のアイドルに祀り上げられていた。 コンテンツの残りを閲覧するにはロ […]

  • 2011.09.07

◆女だけの島。貧困にあった未亡人たちがこの島で救われた

カンボジアの首都プノンペンから約30キロ南のところに「女だけの島(Ge island)」があるそうだ。 未亡人を手助けするNGO「ファミリー・プラン」が収容する女性40名をひとつの場所に集め7ヘクタールの場所を使って村を建設、ここで自給自足の生活をしているのだという。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.09.06

◆ハイチ。PKOによる現地人のレイプ事件がネットで発覚した

大地震の混乱からまだ抜け出せないハイチで、PKOによるレイプ事件が発生しているという。 地震後、ハイチではあちこちでレイプ事件が起きていて今ではもう誰もレイプで驚かなくなってしまっているのだが、さすがにPKOの軍隊が現地の青年(男)をレイプしたというのはいいニュースではない。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.09.03

◆誰も興味がないのかもしれないが、夜のプーケットの光景

タイにはいくつか歓楽街があるが、私が行く予定はまったくないところにプーケットがある。 行く予定がないというのは、プーケットが観光地そのものであって、わざわざ行く気にもならないというのと、行ってもパタヤと似たようなところだということもあるからだ。 それならばバンコクにいるかパタヤにいるかのどちらにしたほうが面倒がなくていい。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. […]

  • 2011.09.02

◆アフリカ・ケニアの貧しい女性が人工中絶をする光景

ケニアでは中絶は違法なのだそうだが、それでも貧しさ故にどうしても中絶を望む女性はいる。需要があれば供給もあるわけで、それを手がける医者もいるようだ。 ケニアの首都ナイロビの一般的な産婦人科で中絶をする女性を撮った光景があった。サラ・エリオットという女性のカメラマンが撮ったもので、その写真は深く、温かく、痛々しい。 さして衛生的でもない場所で、ゴム手袋も予算がないので使い回しで手術は行われる。 コン […]

  • 2011.09.01

◆誘拐・レイプ被害を避けるために、顔面刺青をするチン族

ミャンマー・チン州に住む少数民族のチン族は、女性に顔面刺青をする非常に珍しい風習がある。 アジア一体では白肌信仰が宗教のように崇拝されていて、とにかく肌が白ければそれだけで美人だというような盲目的な性的嗜好がある。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. あなたは会員ですか ? 会員について

◆麻薬密売。ドラッグが蔓延し続ける限り密売トリックが続く

マレーシアで4キロの覚醒剤を運んで死刑を求刑されているのが竹内真理子だ。(死刑判決を受けた竹内真理子。マレーシアに4キロの覚醒剤) ウガンダから覚醒剤を運んで逮捕されたのが渡部由香理だ。(渡部由香理。24歳の女子大生がウガンダから覚醒剤を運んで逮捕) 中国で覚醒剤3キロをアタッシュケースの中に入れていて逮捕されたのが桜木琢磨だ。(桜木琢磨。中国で覚醒剤3キロを所持していて逮捕された男) ごく普通の […]

◆アデル・ユーゴーになってしまうのではないかという恐怖

『アデルの恋の物語』という映画があった。1975年のフランスの映画で、イザベル・アジャーニが実在の人物アデル・ユーゴーを演じていたものだ。 恋の物語……。題名は甘いが内容は甘くない。 ひとりの男を愛した若い女性が、激情とも言うべき愛の「想い」を妄信的に信じ込む。 男につきまとい、男に振られても父親に「婚約しました」と嘘の手紙を書き、男がカリブ海に赴任して行くと彼女もまた後を追う。 最後、すでに熱病 […]

  • 2011.08.28

◆タイの難民キャンプ内はスモーキー・マウンテンだった

ミャンマーの人々が政治的弾圧や反政府運動をしているカレン族等の弾圧を受けて難民化してタイに流れ込んでいるのはよく知られているが、タイの難民キャンプがどうなっているのかまではあまり知られていない。 タイ政府は難民が押し寄せて国内に流入するのを避けるため、難民はキャンプ内から外に出ることを禁止している。 キャンプ内ではすでにそこで生まれ育った子供たちがさらに子供を生むほどになっていて、祖国も外の世界も […]

◆なぜ、不可触民(ダリット)の娘たちは処女がいないのか

閲覧注意 1980年代後半まで、タイ・ヤラワーやスティサンには冷気茶室という売春宿が当たり前にあった。そこには見るからに幼い少女が監禁されている場所だった。 今の人たちには信じられないかもしれないが、少女が監禁されていることくらい誰でも知っていた。 1990年代のカンボジアにもあちこちの置屋でベトナムから売られてきた少女が雛壇に並んでいた。ベトナム人の売春村もあって、そこにも10歳にもならない少女 […]

◆エマニエル夫人。汚れて「いない」と感じるのは恐ろしいわ

エマニエル夫人という書籍は1963年にフランスで刊行された書籍だ。最初は出版社も著者の名前さえも印刷されない「謎の書物」だった。 しかし、これが出版されるや否や、大きな話題になり、フランスでは爆発的な売れ行きを示した。 著者は誰だか分からないのだが、詮索されるようになると「エマニエル・アルサン」が著者だと言われるようになった。 しかし、今度はこのエマニエル・アルサンが誰だか分からないのでまた騒ぎに […]

  • 2011.08.26

◆フランス・リヨンの最底辺のストリート売春の光景

フランスは売春が合法の国である。だから、あちこちの国から娼婦がやってきて売春ビジネスをしている。リヨンは路上売春のメッカになっていて、多くの女たちが暗闇の中に立って客を誘っている。 ところが、売春は合法なのに、斡旋やストリート売春は禁止されている。つまり、売春したければしてもいいが、目立つのはやめろということなのだろう。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. […]

  • 2011.08.26

◆インドの売春村。ラジャスタン州のインゴニア村の光景

インド・ラジャスタン州にインゴニア(Ingonia)という小さな村があるのだという。売春村だ。そこには「Nats」と呼ばれるカーストの集団が住んでいるのだが、このカーストというのが売春カーストらしい。 写真を見るとおおよそ検討がつくが、小さな普通の村で男も子供たちも女性の売春ビジネスにぶら下がって生計を立てている。売春が親から子に継承されている村のようだ。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが […]

  • 2011.08.26

◆(事故記録)2009年10月。インド列車正面衝突事故の光景

海外を旅すると、目的地に行くために現地の汽車の旅になったりする。汽車の旅は風情があっていい。 しかし、インドの汽車は鋼鉄の塊のような無骨なもので、座り心地が悪く、扉がなくて、揺れて、混雑していて、しかもスリが多く、よく止まってはいけないところで止まる。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log In. あなたは会員ですか ? 会員について

  • 2011.08.24

◆フィリピン・ナボタス。墓場で暮らしている貧しい人たちの光景

フィリピンのマニラ北部にナボタス(Navotas)という場所があって、そこにはマニラでも最大の墓地があるのだが、驚いたことにその墓地に人が住んでいるのだという。 死者(埋葬された人)と一緒に住んでいるので「死者と共に生きる人たち」と言われているのだが、その墓地はまさに貧困層の人たちの生活の場になっていて、猛烈な場所となっている。 コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い Log […]

1 137 140