◆欧米では女性ホームレスも当たり前。日本だけがそうならないとでも?

◆欧米では女性ホームレスも当たり前。日本だけがそうならないとでも?

2018年。アメリカではドナルド・トランプ大統領が「アメリカ第一」を強力に推し進め、減税効果もあってアメリカの株式市場は10月まで基本的に上昇し続けてきた。

これによって、株式を保有していた富裕層はその資産をますます増やしていき、豊かな人たちはさらに豊かになっていった。

ところが、この中でもアメリカの貧困層の窮状はますます深刻なものとなっている。資産を持たない層は株式市場がいくら上がっても関係ない。日々の仕事で食いつなぐのが精一杯だ。

景気が良ければ、仕事が増えて賃金も上がるのか。統計的には賃金は上昇傾向にある。しかし、統計に騙されてはいけない。平均賃金はエリート層が高賃金になれば低所得層の賃金が下がっても統計上では上がるのだ。

仕事にあぶれて低賃金でも働く「移民」がアメリカには大量にいるので、「賃金を上げろ」と抗議したら、根こそぎリストラされて安い賃金で働く移民と入れ替えられるだけの話だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事