30代以後も努力して体型を保っている女性を、男はもっと称賛すべき

30代以後も努力して体型を保っている女性を、男はもっと称賛すべき

女性の身体が最も美しく充実しているのは何歳だろうか。20歳だろうか。30歳だろうか。それとも40歳だろうか。

人によって個人差もあれば感覚も違うので一概に言えないのだが、中国の古い医学書ではその答えは「28歳である」と記されている。

京都の仁和寺には、日本最古の写本『黄帝内経(こうていだいけい)』が保管されているのだが、この写本は中国最古の医学書である。

そして、この医学書『黄帝内経』に記されている内容こそが今の「漢方」に通じる考え方と治療法の基礎となっている。

この医学書には、面白い説明があって、「女性の身体は7の倍数で変化する」とされている。つまり、女性の身体は「7年ごとに変わる」というのだ。

分かりやすく言うと、7歳、14歳、21歳、28歳、35歳、42歳、49歳、56歳、64歳、70歳、77歳、84歳……で女性は変わると説明されている。

その中で、女性が最も心身ともに充実している「ピーク」が28歳であって、以後は気力も体力も衰えていく。それが『黄帝内経』の考え方だ。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

女性は35歳を過ぎると、身体の不調を隠せない?

それが当たっているのかどうかは別にして、確かに女性は節目節目で身体が変わっていく。28歳が最も美しく充実しているというのは感覚的に私も違和感がない。

『黄帝内経』によると、女性の身体が老化して様々な不調が現れるのが35歳であるとなっている。

この不調の現れのひとつに「疲れやすい」と「太りやすい」というのがある。

女性がスリムな体型を無理なく保っておられるのは35歳までで、以後はかなり意識して運動したり食事制限をしたりしないと、すぐに皮下脂肪がついてしまう「太りやすい」身体になる。

太ってしまうと疲れやすくなるのだが、疲れやすくなったから動かなくなって太るのか、太るから疲れやすくなってしまうのか。

それは卵が先かニワトリが先かの議論と似ているが、総合的に見れば「疲れやすさ」と「太りやすさ」は同時にやってきていると考えた方が分かりやすい。

女性の過ごしている環境や遺伝などの要素もあって、全員が全員35歳で「疲れやすい、太りやすい」という体質になるわけではないのだが、老化は誰にも避けられない現象なので、必ず30代のどこかでいつかくるというのは間違いない。

これは、多くの女性を見てきた男たちも気付くのではないだろうか。20代までみずみずしいまでの美しさを持った女性であっても、30代になればやはり衰えは隠せないことに男たちも気付くのだ。

どこで気付くのか。それは、女性に無駄な脂肪が下腹部に付き始めたことで気付くのだ。もっとも、その頃になると男自身も女性以上に劣化していることが多いので、他人を気にしている場合ではなくなっているのだが。

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

太っても締まって見えるマジックは若さと共に失う

30代以後に女性が痩せにくくなり、無駄な脂肪がつくようになり、体型が崩れ出すのは、基礎代謝量が減少しているという理由もあれば、老化によって筋肉が衰えてしまったという理由もある。

疲れやすさというのは、筋肉の衰えからきている。筋肉が衰えることによって運動が億劫になり、それによって太り、太ることによってますます運動が億劫になる。

その悪循環が、だいたい30代以後に顕著になってしまうのだ。

食事に気をつけていれば何とか太っていく流れを断ち切れるかもしれない。しかし、何もしなければ、どんどん脂肪が蓄積されて動けなくなる。

特に、30代以後に炭水化物や甘いものを無制限に取っている女性は、どんどん太ってしまう。

若い頃は太っていても、筋肉がカバーしているので弾けるような身体でいられるのだが、35歳以後は何もしないと筋肉がなくなるので締まりのない肥満になる。

太った女性でも若い頃は締りがあるように見える。しかし、筋肉が消えると、そのマジックがなくなる。そのため35歳以後の女性の太り方は、本当に「ぶよぶよと太っている」ような印象になってしまう。

身近にも『黄帝内経』の説をなぞったように変化してしまった女性がいるはずだ。

この「締まりなく太った身体」こそが女性としての老化であり、若さを失った証明であり、性的な魅力を喪失した身体だというのは誰でも分かるので、多くの女性は努力して少しでも若く見えるように「痩せる」ように努力する。

30代を過ぎた女性が「若く見えるように努力する」というのは、そのほとんどは「痩せる努力」であるというのは、ここから来ている。筋肉を失い、締まりなく太った身体こそが、老化の象徴だと女性は本能的に気づいているのだ。

1999年のカンボジアの売春地帯では何があったのか。実話を元に組み立てた小説、電子書籍『スワイパー1999』はこちらから

きちんと努力して痩せている人はそれだけで美しい

35歳を過ぎたあたりから女性が際限なく太ってしまうというのは、別に国籍を問わない。

若いうちは天使のように美しい欧米の女性でも、35歳を過ぎた後の太り方はかなり衝撃的なものがある。中南米やアフリカの女性は35歳を過ぎても問題ないのかと言えば、やはり尋常ではない太り方をする。

インド圏も、炭水化物をカレーで流し込むような食事をするからなのか、それとも無類の甘党だからなのか、35歳以後の女性の太り方は、もはや後戻りできないのではないかと思うような太り方だ。

その点、日本を含む東アジア、あるいは東南アジアの女性たちは太っているとは言っても幾分は控えめな感じがするのだが、それでも「比較すれば」の話であって、太ってしまうことには違いがない。

こうした肥満は、小手先の食事改善や奇妙なサプリメントや漢方だけでは絶対に改善できない。

基礎代謝量が減少し、筋肉が衰えるという老化の帰結としての肥満は、意識して運動し、強い意思を持った食事制限をするしか改善することができない。

しかし、気力も衰えているので、その両方を持続し、徹底することができる女性はそれほどいない。だから、35歳を過ぎた女性で、まだ女性としての魅力を保っているというのは相当な幸運か努力の結果であると言える。

ある女性は私に「男は若さを失ったら痩せているというだけで格好がいい」と言った。

これは女性自身にも当てはまることで「35歳を過ぎてもきちんと努力して痩せている人はそれだけで素晴らしい」と言ってもいい。

徹底的な食事制限や運動で体型を保っている30代以上の女性を見れば、男はもっと称賛してもいいと私は考えている。それは、並大抵のことではないのだから……。(written by 鈴木傾城)

 

欧米で有名な4姉妹を1975年から2014年までを写した写真。女性が変わっていく姿をリアルに見ることができる。この姉妹は、みんな美しい。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事