◆安全が担保されない限りブラジルの経済発展は本格化しない

NO IMAGE

AFP通信は、2017年10月7日に公表されたブラジルの世論調査で、リオデジャネイロの住民の72%が「可能ならば治安の悪い同市から出たい」と答えていると報道している。

リオデジャネイロはブラジルを代表するメガシティで、人口は600万人を超え、巨大なキリスト像があることで有名な観光都市なのだが、この内情はめちゃくちゃだ。

治安の悪化は今に始まったことではないのだが、ブラジルの治安は日本に比べてどれくらい悪いのか。

在ブラジル日本大使館のホームページが日本との犯罪発生率の比較をしているのだが、それによると、このようになっていると記している。

殺人:約28倍
強姦:約25倍
歩行者強盗:約1500倍
自動車強盗:約1700倍
住宅強盗:約120倍

リオデジャネイロの住民は「夜になったら出歩けない」と言うのだが、これは昼間でも危険なレベルである。

ブラジルでは山沿いに沿ってファベーラと呼ばれるスラムが広がっているのだが、部外者がそんなところに入ろうものなら100%の確率で強盗に遭うとブラジル住民は言う。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net