◆誰にも内緒で風俗に勤めているのであれば徹底的に隠すしかない?

◆誰にも内緒で風俗に勤めているのであれば徹底的に隠すしかない?

2018年7月。都内の風俗店でひとりの古株の女性が、店の事務所から所属する女性たちの個人情報を盗み取り、それを女性たちの実家に写真付きでバラまいたという事件があったことをあるスポーツ紙が伝えている。

「実家や自宅に私の風俗勤務を暴露する文書が届いた」

風俗のような仕事に従事している女性は、それを家族や友人や知り合いには隠したいという気持ちがある。それは当然だ。世間の風当たりは予想外に強い。

「身体を売っている」と知られると、まわりに悲嘆されたり激怒され、人間関係を切られたり、他にも不要なトラブルを背負い込む。

バレた時点で表の仕事は続けられない。「裏社会の人間とつながりがある」と見られて解雇される。そうでなくても、まわりの目もあるので、そこで仕事を続けようと思う女性もいないはずだ。

真夜中の世界に生きる女性たちがタフな神経を持っているとしても、隠していた風俗勤務を暴露されるというのは大きな精神的ダメージとなる。

「裏の世界で生きているのをバラされる」というのは、裸の写真をばらまかれるリベンジ・ポルノとほぼ同様の作用が起きてしまう。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事