◆美しいだけの女よりも、ダークサイドを持った深い女の方が好きだ

◆美しいだけの女よりも、ダークサイドを持った深い女の方が好きだ

東南アジアで、多くの女性と真夜中に関わってきた。夜の女たちは20代にしてすでに荒廃してしまった身体が多いのは事実だと思った。

多くの女たちは、身体から瑞々しさが消え、肌が荒れ、時には傷ついていた。

身体を売って生きる女たちは、確かに荒廃しやすい傾向にある。なぜ、そうなってしまうのだろう。過度なセックスが荒廃をもたらすのか。

彼女たちは仕事でそれをやっている。毎日どころか、一日4度も5度も見知らぬ男とセックスを交わすことも多い。

それは激しい肉体の酷使である。肉体は酷使することで壊れる。だから過度なセックスが女性の身体の荒廃をもたらすという説は一理ある。

しかしそれだけでなく、「環境」も大きな要因となっているはずだ。たとえば、夜の女たちは常に性病の危機に晒されている。すべての性病は、女性の身体を荒廃させる。

それだけではない。夜の「環境」は人間の身体に悪い。昼夜逆転による体内環境の変調、アルコールやドラッグの摂取、暴飲暴食。東南アジアの夜の女たちは、このすべてを生活に取り込んでいた。荒廃して当然だ。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事