ブラックアジアの旧システムの取りこぼしを拾っていました

ブラックアジアの旧システムの取りこぼしを拾っていました

ブラックアジアは5月2日に新しいデザインでスタートしているのですが、旧会員の方はどうぞ新しいパスワードに設定してから中にお入り下さい。(ブラックアジア:旧ブラックアジア有料会員の方へ(新しいパスワードの設定を!)

新しいブラックアジアは、フレキシブルデザインになっているのですが、パソコンでご覧の方はブラウザのサイズを大きくしたり小さくしたりすると、画面の大きさに合わせてレイアウトが変わっていくのを確認できると思います。

フレキシブル(柔軟)にレイアウトが変化するのが重要なのは、現代はインターネットをモバイル(スマートフォン)で見ることが多くなり、さらにタブレットも普及するようになっているからです。

それぞれのサイズに合わせてレイアウトを用意するのは現実的ではないので、画面の大きさに合わせてデザインが変わる仕組みが取り入れられるようになっています。

もし、パソコン・タブレット・スマートフォンの3つを持っている方は、それぞれの画面で新ブラックアジアのレイアウトを確認してみて下さい。それぞれ違ったレイアウトで見やすいようにうまく収まっていると思います。

あれこれチューニングしながら、やっと納得のいく形に整えられたように思います。

過去記事(2012年以前の記事)のリンク切れを修正

ブラックアジアは記事が多いので、過去記事も積極的に読んで欲しいと思っております。だから、より多くの記事を目に付くようなデザインを志向しています。

昨日から本日にかけてかなりの作業を行ったのですが、まずはデザインがバージョンアップされたのが目に付くと思います。記事を2列にして、より多くの情報が一画面で見えるように変更しました。

アイチャッチ画像(記事内容を表現する画像)に文字を入れていますが、2列にすると画像に載せた文字が見えにくいので、これはやめるかもしれません。試行錯誤すると思います。

あと、過去記事(2012年以前)に画像のリンクが外れていたものが多数あった件ですが、1000件以上のリンク切れを目に付いた部分のほぼすべてを修正しました。

この修正はデータベースを直接SQL文を飛ばすことによって修正しました。

正しいSQL文が分かれば、それをデータベースに飛ばすことで1000件以上のリンク切れは一瞬にして修正できるのですが、問題はその正しいSQL文に到達するまでにかなりの時間がかかったことです。

今後もデータベースを直接操作することもあるので、SQL文を覚えていきたいと思います。まだリンク切れがあるかもしれませんが、おおむね修正はできたと考えています。

もうひとつは記事のほとんどがコメントが書けないようになっていた件ですが、これもデータベースにSQL文を飛ばすことによって解決しました。

会員の方は本文の下にコメントを書く欄が出てきていると思います。出ていない方は、ログインできていないということなので、ログインして確認してみて下さい。

ちなみにログインはこちらかです。
https://blackasia.net/?page_id=6

この画面はメニューの「ログイン/会員情報」で辿り着くことができます。ログインしている方がこのページを見ると自分の情報が見られるはずです。こうした内容は「Q&A」を作ること対処しようと思います。

 

ブラックアジアでは有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

旧ブラックアジアのコメントをトラブルの中で移行

本日、1日かけて行っていたのはコメントの移行です。旧サイトのコメントは旧約・新約聖書で言えば4冊分ほどあるのですが、これを移行しました。

コメントの移行を手作業でひとつひとつやっていると、それだけで1年以上かかるような作業量です。

結局、旧サイトのコメントを整形して新サイトのデータベースに直接入れるしかなかったのですが、コメントで自由な文字列が含まれていることから移行作業は非常に難航しました。

まず最初にお詫びしておきたいのは、すべてのコメントが移行できたわけではないということです。

移行の際はCSVファイルを専用のプラグインでシステムに入れ込むのですが、このCSVファイルというのが改行が大量にあるテキスト文と相性が悪く、ことごとくエラーを起こしてシステムを止めてしまう元になりました。

コメントの整形は正規表現でCSVファイルに合うように整えていったのですが、コメント内部にカンマが入っていたり、特殊な英単語が入っていたり、特殊な記号が入っていたりするとそこでエラーを起こして止まります。

そのたびにエラーの元になった文字を制御したり、変換したりするのですが、いかんせん1ファイルが40MBになっているので、ファイルが動かない上にフリーズの嵐になって、区分けしながら変換作業を延々と行わなければなりませんでした。

コメントの中に不意にリンクやカンマや顔文字の記号が入っていたりすると、それが正規表現と問題を起こして変換作業もうまくいかないという現象に見舞われました。

また、SQL文を飛ばしている最中にいったんエラーが起きると立て続けにエラーが続くこともあり、とりこぼしはかなりあったものと思います。

つまり、コメントの移行作業は完璧とは程遠い作業になってしまったのですが、それでも膨大なコメントが新しいシステムで移行できているので、過去記事と共に過去コメントもまたお楽しみ下さい。

いつもコメントを書いて下さる皆様に感謝します。

必要に迫られれば人間はいろんなものを飲み込める?

時間がなくてやり残したこともたくさんあって、それは今度の金曜日から土曜日にかけて、記事更新を休んで取り組みたいと思っています。

やりたいのは、カテゴリーで記事一覧を見せるものと、システムのQ&Aです。

時間が経てば、ブラックアジアの読者も、どこに何があるのか勘で分かってくると思います。しかしQ&Aがあれば疑問が解決できやすいので、来週あたりはその部分をやっていきたいと思います。

ところで、このブラックアジアの新システムは「ワードプレス(WordPress)」というブログシステムで動いています。

今後は私もブラックアジアを通して、ワードプレスにどっぷりと浸ることになりそうです。

振り返って見れば、ワードプレスからアドビのソフトウェアからプログラミング言語まで、私もサイト運営を通してIT系の世界に深く足を踏み入れていました。

私は自分で電子書籍まで作っているのですが、これもまたITの技術がないとやっていけない状況です。

電子書籍を作るために、私はUNIXのコマンドからCSSからアドビ・インデザインまで駆使する世界に知らずして入り込んでしまっていました。

売春地帯をうろうろしていた人間がいったい何をしているのかと思うこともありますが、必要に迫られれば人間はいろんなものを飲み込めるのかもしれません。

今のところ、目の前で展開されているITテクノロジーは道具として使いこなせているので、ブラックアジアも確実に進化できると思います。

今回の新サイトは「モバイルファーストを実現した上に、さらにあらゆる媒体でブラックアジアを読んで欲しい」という意図の元で行っているものです。

スマートフォン・タブレット・パソコンと行き来する中で、ブラックアジアをより楽しんで頂けると思います。これからも、よろしくお願い致します。

今回の新サイトは「モバイルファーストを実現した上に、さらにあらゆる媒体でブラックアジアを読んで欲しい」という意図の元で行っているものです。スマートフォン・タブレット・パソコンと行き来する中で、ブラックアジアをより楽しんで頂けると思います。これからも、よろしくお願い致します。

 

〓 この記事のツイッター投稿はこちらです

 
この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

ツイッターで鈴木傾城をフォローして頂くと、執筆・更新状況などが総合的に分かります。

 

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

周知カテゴリの最新記事