◆妻を凄惨に殴打した男は、なぜ瀕死の妻に満足したのか?

◆妻を凄惨に殴打した男は、なぜ瀕死の妻に満足したのか?

閲覧注意
ロシア人28歳の妻アナスタシア・オヴァイアニコワは精神的にもう限界だった。高圧的ですぐに激高する夫マキシム・グリバノフとは、もうやっていけないと感じた。

アナスタシアは日常的に暴力を受けていたのだ。夫の暴力を止めさせるために自分の父や兄に相談もしたが、夫マキシムは態度を硬化させるばかりだった。

しかし、アナスタシアの決意は固かった。そこで、家の近くのカフェに寄った時、アナスタシアは勇気を振り絞って「別れてほしい」と夫に告げた。

2017年12月のことだった。どうなったのか。

マキシムはそれを聞いた瞬間に激高し、カフェの中でアナスタシアを罵り、その髪をつかんで嫌がるアナスタシアを無理やり車に乗せて家に連れて帰った。

誰もがそれを見ていたのだが、この夫婦に関与しなかった。それでアナスタシアの命運は尽きた。

家に連れて帰られたアナスタシアは、そこで夫から激しく殴る蹴るの暴力を受けることになった。彼女の顔面は腫れ上がり、身体は無数のアザに覆われていった。

マキシムは頭に血が上り、怒りで我を忘れ、妻を「敵」として認識し、そして破壊したのだった。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事