◆「不満を感じると食べ物を与えられた子」が堕ちやすいワナ

◆「不満を感じると食べ物を与えられた子」が堕ちやすいワナ

何か不安があったり、トラブルに巻き込まれたり、落ち込んだり、悲しいことがあったりすると、壮絶な過食に走る女性は決して珍しくない。

不思議に思わないだろうか。

なぜ自分が追い込まれたときに「食べる」方向に向かうのだろうか。普通の人は不安な状態に置かれると、胃液の分泌が抑えられるので食欲は消える。

普通は食欲が消えるのに、過食に走る人がいる。彼らは通常の反応とは違い、精神的に追い込まれれば追い込まれるほど逆に食欲が加速する。

不安を感じると無意識に何かを食べている。不安のレベルが強ければ強いほど、より深刻な過食になっていく。

男はストレスで深酒に走ることが多い。深酒は飲んで意識を低下させて忘れるという効用がある。しかし、過食には意識を飛ばしたり消したりする要素はない。

そういった意味で、深酒と過食はまったく違ったメカニズムによって動いていることが分かる。なぜ、病的な過食という行動が生まれるのだろうか?(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事