◆切り刻まれた女。傷ついたアイリーンの身体に泣く(2)

◆切り刻まれた女。傷ついたアイリーンの身体に泣く(2)

インドネシア編
店ではあれほど異常な雰囲気を醸し出していたのに、ふたりきりになるとアイリーンは他の誰よりもまともだった。

もしかしたら彼女は、わざとつれない態度を出していたのかもしれない。

投げやりな態度は、自分が本命ではなく、あくまでも他の女の代わりであることを知っていて、嫌気が差していたからなのかもしれない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事