◆なぜ、彼女は故郷から遠い場所にやって来たのか?(2)

◆なぜ、彼女は故郷から遠い場所にやって来たのか?(2)

インドネシア編
とは言っても、彼女たちにとって、男がシンガポーリアンだろうが日本人だろうがそんなに大して違いはなかっただろう。

それは、日本人の男が、目の前の女性がカリマンタン出身だろうがバンドゥン出身だろうが、大して違いはないと思うのと同様だ。

本当はカリマンタンの女性とバンドゥンの女性は全然違う気質や顔立ちなのだが、分からないうちはみんな同じだ。

彼女もまた目の前の男の国籍が何であっても特に気にしていないようだった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事