◆これからむしろ、煙草を吸う子供たちが逆に増えていくのか?

NO IMAGE

日本ではもう不良でさえ煙草を吸わなくなっている。

反抗期の背伸びしたい盛りの若者が「健康のために煙草を吸わない」のだから、先進国はずいぶん「良い子」が増えたのかもしれない。

もちろん、世界的に煙草の喫煙人口は非常に減っていて、これは新興国でも言える現象だ。

しかし、決してなくなったわけではない。煙草はなくならない。アジアでは、中国とインドネシアが煙草大国だ。インドネシアの煙草は香りが強烈なので、印象も強烈だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事