◆国際社会の無関心の中で、ヌバ人が大虐殺で絶滅する可能性も

NO IMAGE

スーダンと南スーダンの国境の南コルドファン州は険しいヌバ山地に囲まれており、ここに山岳民族であるヌバ人が住んでいる。

ヌバ人はイスラム主義であるスーダン政府とは明確に距離を置いており、南北の戦争の際は、南側について北スーダンと戦ってきた。

やがて2011年7月9日、南スーダンは独立してアフリカ大陸の54番目の国家となった。

ところが、このとき南コルドファン州は切り捨てられた。ヌバ人は南スーダン側についていたのに、彼らの土地は南スーダン側に入れなかった。

ヌバ人は見捨てられた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事