◆インドネシアらしさを醸し出す美しい布、バティックのこと

NO IMAGE

インドにサリーがあり、タイにタイシルクがあるのなら、インドネシアにはバティックがある。

はじめてインドネシアに行ってさまよっていたとき、折に触れてとても細かい文様の「布」をインドネシアの人たちが着こなしていたり、布として使っているのを見て、とても素敵でエキゾチックに感じたものだった。

女性たちも若い女性から年配の女性まで、ごく自然にその「布」を着こなしている。

インドネシアの光景、インドネシアの人たちを思い浮かべると、豊かな自然と共にその独特の「布」の文様が思い浮かぶ。

それがユネスコの世界無形文化遺産に認定された「バティック」と呼ばれるものだった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事