◆海外に高飛びした犯罪者と、売春地帯をさまよう男の共通点

NO IMAGE

東南アジアは各国の犯罪者がさまよい歩く。詐欺で逃げ回っている男も、強盗で逃げ回っている男も、殺人で逃げ回っている男も、みんな東南アジアにいる。

2008年にロシアのマフィアが逮捕されたのはパタヤのサービス・アパートだった。イギリスのロリコン犯罪者が捕まったのもパタヤだった。

ナイジェリアの人身売買屋はスクンビットにいた。日本の暴力団や犯罪者の多くはフィリピンに潜む。

なるほど、危ない犯罪を犯した男たちが歓楽街にいる。彼らは逃げおおせるだろうか。

そして、ふと思う。自分が追われる身になったら、海外に高飛びして逃げおおせるだろうか。あなたは、どうだろうか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net