◆見えない鎖(2)。私とサンティは、社会の嫌われ者だった

NO IMAGE

インドネシア編
サンティが嫌われて皆から遠ざけられている理由は、ふたりでテラスに出てから知ることになった。

そこでは3人ほどの娘たちがビデオCDをテレビで見ていた。中にはビデオに合わせて鼻歌を唄っている娘もいた。

ところがサンティは、そんな先客にお構いなく、いきなりビデオCDを切ってしまった。それから中のCDを勝手に取り出して、代わりに自分の好きなCDに入れ替える。

さっきまで気持ち良さそうに鼻歌を唄っていた娘が、激怒してサンティに罵り声を上げた。しかし、サンティは平然としている。

しかも、他の娘たちを無視して、テレビの真ん前にイスを持っていってテレビを独占してしまった。

そんなサンティの傲慢不遜な態度には、協調性の欠片(かけら)さえ見あたらなかった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事