◆ジーナ(2)頼りなげな女性でも出稼ぎに行かざるを得ない

NO IMAGE

フィリピン編
前編はこちら

もっと話を聞きたいという気持ちはあったが、もうこの件に触れるのはやめた。

中東での経験は彼女に深い心の傷を与えていることがその表情で分かったし、すでに彼女は身体を硬くしていた。その態度で察するものがあった。

(性的ないやがらせをされたな……)

この小柄なフィリピーナは、苦しい仕事に耐えて、やっとの思いでフィリピンに逃げ帰って、今では外国人相手に売春をする生活をしている。

しかし、売春ビジネスの方がまだマシだと思っているようだった。

メイドよりも売春ビジネスのほうがマシだというのであれば、メイド時代がひどい屈辱だったのは間違いない。だから、それ以上は何も聞かなかった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事