◆中国人は東南アジアに土着し、長い時間をかけて成り上がる

NO IMAGE

初めてカンボジアの首都プノンペンに入ったとき、モニウォン通りで、中国資本のホテルと、中国資本のクラブと、中華料理店の看板が林立する光景を見た。

カンボジア語の看板よりも目立つし、カンボジア語の看板よりも大きかった。英語もあったが、それは漢字を補佐する役目のように見えた。

それを見た瞬間、「やはり、この国も中国が牛耳って行くのか」と即座に理解した。

プノンペン入りして10分後に、もうそれを悟るほどに、中国語の看板が多かった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事