◆路上で暮らす人。あなたは路上で寝たことがあるだろうか?

NO IMAGE

インド編
路上で寝たことがある人はいるだろうか。どこかの建物の隙間で、あるいは高速道路の下で、あるいは公園のベンチで寝たことのある人はいるだろうか。

ホームレスとは、それが日常になっている人たちだ。

今、日本ではホームレスが増えているのだが、ホームレスの人でも金が入ればまずは「部屋」を求める。屋外で寝るというのは、本当に厳しく危険なことだ。

登山が趣味だったり、ツーリングが趣味だったりする人は、屋外で寝る経験をしたことがある人も多いはずだ。

しかし、そうでない人にとって、路上で寝た経験のある人は少ないのではないだろうか。もしかしたら、一度もそんなことをしたことがないという人の方が圧倒的だろう。

しかし、旅に出て放浪を続けていると、誰しも一度はそんな目に遭う。そして、一度でも路上で寝たことのある人は、それがどんなにつらいものなのか分かるはずだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事