◆タイ歓楽街で大暴れする白人は、たいていロシア人だったりする

NO IMAGE

タイの観光地で大暴れする白人(ファラン)と言えば、その筆頭はロシア人だ。

バンコクではあまり目立たないが、パタヤやプーケットのようなリゾート型の観光地になると、毎日のようにロシア人が事件を起こしており、よく報道もされている。

ロシアと言えば、人身売買を専門にしているロシアン・マフィアもタイには多く入ってきているのだが、問題行動を起こすロシア人はこのようなマフィアではなく、ごく一般のロシア人だ。

彼らは観光でタイにやって来るのだが、そのタイの歓楽街には、とにかくアルコールが満ち溢れている。

ロシア人は世界で最もアルコール中毒の男が多い国で、本国でも男女問わず問題を起こす人間が多い。

そんな人たちがアルコールに満ち溢れた享楽の熱帯国にやって来るのだから、どうなるのかは火を見るよりも明らかだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net