◆夢を見ないジャニス(2)凍えるほど寒い部屋、教育、貧困

NO IMAGE

フィリピン編
アルコール。ドラッグ。セックス。ありとあらゆる享楽にまみれた堕落の地に堕ちると、人は誰でも堕落に染まっていくものだろうか。

どうも、そうではないようだ。単純に、そう言い切れない。

朱に交わって赤くなる人もいるが、頑なに自分のポリシーを持って「堕ちない」人もいる。まわりに影響されず、自分をしっかり持っている。

堕落に堕ちれば人生が破滅する。堕ちないのは素晴らしいことだ。しかし、その代わりに周りの人たちと馴染めず、どんどん孤立していくことになる。堕ちないと、そこでやっていけない。

ジャニスは「堕ちたくない」という意思が心の奥底にあったのだと思う。だからこそ、堕落した享楽の地に馴染めない。しかし、そこで売春ビジネスをしないと、彼女は生きていけない。

ジャニスの心の葛藤がそこにあった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事