◆インド女性が教える、とにかくサリーを一番簡単に着る方法

NO IMAGE

先進国の売春地帯では、高級な地域になればなるほど女性が民族衣装を着る。そして底辺は普通の洋服だ。

しかし、インドでは高級な地域になればなるほど女性が普通の洋服を着て、底辺は民族衣装になる。

あなたは女性がサリーを着るのを見たことがあるだろうか。

サリーは一枚の布でできているのだが、インド女性はこれを1分ほどで身にまとう。意外と適当にまとっているので、ばらけないか心配になってしまうのだが、それがそうでもない。

底辺の売春女性はインナーやブラジャーといった下着はつけないことが多い。

上はチョーリーと言うTシャツとブラジャーが一緒になったブラウスを着る。下はペチコートと言われるスカート風のものをはく。

それにサリーを巻くが、路上ではなく、売春宿の入口に立つ女性は、サリーも着ないで、チョーリーとペチコートのまま立っているのを見る。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事