◆連続レイプ殺人鬼たちの家庭環境にあった「6つの共通点」

NO IMAGE

自分の快楽のために女性をレイプし、殺害する「快楽殺人」の常習犯が世の中にはいる。

連続レイプ殺人鬼だ。女性をレイプするだけではなく、大抵は拷問のような暴力を振るっていたり、殺したあとに死体を損壊していたりする。

こういった残酷な犯罪を起こす犯罪者たちは「生まれつき」だったのか、「環境」だったのか、諸説はあるし、ひとりひとり複雑な要因もある。

しかし、こういった快楽殺人を犯した殺人者たちの生い立ちを調査したFBI捜査官のロバート・レスラー氏は、それぞれの犯罪者を調査して、彼らが「複雑な家庭環境」にあったことを突き止めている。

いくつかの「共通点」があるのだが、その中で50%以上(半数以上)の殺人犯の家庭で、見られた共通点は6つだった。どんな問題だったのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事