◆今度は5歳の少女がレイプ。止まらないインドのレイプ事件

NO IMAGE

インドが恐るべきレイプ大国であることは、徐々に世界中の人々が知るようになり、2013年に入ってからインドを旅行する女性が急減している。

ここ数ヶ月の間に35%近くも女性旅行者が減ったと報告されているが、もちろんこれは2012年12月に起きたバス内の集団レイプに端を発している。

その後もイギリス女性がレイプされそうになって窓から飛び降りてケガをしたり、スイス女性が集団レイプされたり、カースト最下層の女性がレイプされて首を吊られた状態で発見されたりしたニュースが立て続けに入った。

急にインドでレイプ事件が増えたわけではない。元々レイプ事件が多かったのだが、国際メディアがまったく報道しなかったから誰も知らなかっただけなのだ。

しかし、風向きが変わりつつある。インドで起きている女性に対する残虐な事件が次々と明るみになり、それが国際ニュースでも報道されるようになった。

最近もまた残虐なレイプ事件が報道されている。24歳の男が5歳の少女を拉致・監禁し、激しい拷問レイプを行っていたというものだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事